スズキ車系 スピードリミッターカットキット

こちらのページは、スズキ車系のリミッターカットキットの紹介・販売ページとなります。

※こちらのパーツはサーキット専用パーツとなっております
一般公道でのご使用はおやめください。
下記商品内容を最後までよくお読みになり、ご理解の上、ご購入をご検討ください。



筑波サーキットや袖ヶ浦フォレストレースウェイ、富士スピードウェイなどのサーキット走行会などを目的に
特に富士スピードウェイなどでは180〜200Km/hは簡単に超える可能性が有るので速度リミッターは解除しておきたかったために製作しました。


スズキ GSX-S1000 & S1000F専用 & GSR750専用
スピード リミッターカットキット フルバージョン


GSX−S1000専用
 

GSR750専用
GSX−S1000&S1000F専用 & GSR750専用の
リミッターカットキットのフルバージョンです。

※輸出仕様の様なフルパワーになるパーツではありません。
日本国内仕様の180〜200km/hで作動する
スピードリミッターを解除するためだけのパーツです
輸出仕様の様な最高速度までは到達しません。
国内仕様でも3速全開11,500rpm(レッドゾーン)で、
およそ200km/h位に達するため、
エンジン保護と安全マージンを考慮し
3速以上は、レッドゾーン若干手前の
回転数 (約11、000rpm辺り)でリミットが掛かる設定にしています。

リミッターカット本体を、タンク後方のシート下付近まで延長させるための
延長ハーネスキット(2本)を付属しています。

●燃料タンク下に有る白色の防水3Pカプラーを外して

割り込ませるだけのカプラーON仕様です。
※配線の色はピンク・ブルー・黒/白の3色で純正に合わせています。

タンク下に有る3P防水カプラー(ピンク・ブルー・黒/白の配線)を外し
そこに延長ハーネスキットを割り込ませ後方のシート側まで延長し、
リミッターカット本体を取り付けます。
配線色は、ピンク・ブルー・黒/白、の3色で純正に合わせています。
※タンク下には類似の3P防水カプラー複数があるので
配線色をよく確認して取り付けてください。


●GSX−S1000とGSR750にはギアポジションインジケーターが有ります。
スイッチがOFFの時は、リミッターキャンセルはOFF状態ですので
インジケーターは1〜6速までフル表示します。
スイッチをONにするとリミッターカットが作動し
ギアポジションインジケーターの表示も変化します。
ニュートラル時は”N”表示、ギアを1〜3速に入れれば1〜3と表示しますが
4速時以降は、表示が”3”のままとなります。

スイッチを押してボタンが押し込まれるとリミッターカットがON作動し
速度リミッターが解除されます。
再びスイッチを押してボタンが飛び出していたらリミッターカットはOFFとなり、
ノーマル状態で速度リミッターが掛かります。


●ボタンスイッチは非防水です。水に濡れない様にカバーをするか
濡れない場所に固定してください。


●ボタンスイッチはリミッターカット本体とギボシ端子により
付け外しが出来る仕様になっています。
ボタンスイッチをリミッターカット本体から外せば
リミッターキャンセルはOFF状態です。
ボタンスイッチがつながっていた本体からの配線を直結すれば
リミッターキャンセルは常にON状態になります。

※ボタンスイッチの変更は保証対象外となりますのでご注意ください!

【ボタンスイッチ付きの注意事項】
●走行中のスイッチ操作はおやめください。
車体に何かしらの問題が発生する可能性があります。
一般道や高速道路でのテスト走行では問題は出ませんでしたが、
サーキット走行でのテストは行っていませんので
すべての走行条件での走行中のスイッチ操作のテストが出来ていないため
保証が出来ません。
※エンジンが動いている(アイドリング中や暖気中、信号待ちなど)場合、
停止中ならスイッチ操作に問題有りません。


●ボタンスイッチを本体から外した配線を放置したままにしないでください。
フレームや金属に触れてショートしてしまう可能性があります。
ギボシ端子の先端は必ず断線処理を行ってください。



販売価格
GSX-S1000 & GSR750 共通
10800円(税込み)

スズキ バンディット1200&1250 用
スピード リミッターカット


1200・1250スイッチ無しバージョン


バンディット1250・1250F 専用
スイッチ付きバージョン
油冷BANDIT1200&1250用のスピードリミッターを解除するパーツです。

1200Sの場合、シート下のバッテリーの前に有る白色の防水3Pカプラー、
1250(ネイキッドモデル)&1250S&1250Fの場合は
左サイドカバーを外した奥に有る黒色の防水3Pカプラー
(ピンク・ブルー・黒/白の配線色)を外して
割り込ませるだけのカプラーON仕様です。
※配線の色はピンク・ブルー・黒/白の3色で純正に合わせています。
※類似の3P防水カプラー複数があるので
配線色をよく確認して取り付けてください。


1250(ネイキッドファイナルモデル)と1250F(フルカウルモデル)は
ギアポジションインジケーターが有ります。
ニュートラル時は ”0” 表示で1〜3速は1〜3速表示ですが4速以降は 
表示が”3速”に固定されます。


■■ 1250専用 ボタンスイッチ付き仕様の説明 ■■
スイッチがOFFの時は、リミッターキャンセルはOFF状態ですので
インジケーターは1〜6速までフル表示します。
スイッチをONにするとリミッターカットが作動し
ギアポジションインジケーターの表示も変化します。
ニュートラル時は”0”表示、ギアを1〜3速に入れれば1〜3と表示しますが
4速時以降は、表示が”3”のままとなります。


スイッチを押してボタンが押し込まれるとリミッターカットがON作動し
速度リミッターが解除されます。
再びスイッチを押してボタンが飛び出していたらリミッターカットはOFFとなり、
ノーマル状態で速度リミッターが掛かります。


ボタンスイッチは非防水です。水に濡れない様にカバーをするか
濡れない場所に固定してください。


●ボタンスイッチはリミッターカット本体とギボシ端子により
付け外しが出来る仕様になっています。
ボタンスイッチをリミッターカット本体から外せば
リミッターキャンセルはOFF状態です。
ボタンスイッチがつながっていた本体からの配線を直結すれば
リミッターキャンセルは常にON状態になります。


※ボタンスイッチの変更は保証対象外となりますのでご注意ください!

【ボタンスイッチ付きの注意事項】
●走行中のスイッチ操作はおやめください。
車体に何かしらの問題が発生する可能性があります。
一般道や高速道路でのテスト走行では問題は出ませんでしたが、
サーキット走行でのテストは行っていませんので
すべての走行条件での走行中のスイッチ操作のテストが出来ていないため
保証が出来ません。
※エンジンが動いている(アイドリング中や暖気中、信号待ちなど)場合、
停止中ならスイッチ操作に問題有りません。

●ボタンスイッチを本体から外した配線を放置したままにしないでください。
フレームや金属に触れてショートしてしまう可能性があります。
ギボシ端子の先端は必ず断線処理を行ってください。


販売価格
1200・1250、スイッチ無しバージョン
4860円(税込み)

スイッチ付きバージョン
(バンディット1250 1250S 1250F専用)
6480円(税込み)


追記。
2017年4月24日にて、GSX-S1000のリミッターカットキットを取り付けてのパワーチェックを行ってきました。




スイッチはON、トラクションコントロールはOFF、ギアは6速で計測してもらいました。

カタログデータは148PSで、パワーチェックでは144PS強出ていて、トルクもカタログデータとほぼ同じでした。

最高速は表示されないそうですが、計測してくれたメカニックの方が
「大体ですが250〜260km/hほどは出ているかなって感じです」とのことでした。
※友人が実際にツインリンク茂木にてサーキット走行を実施した際
裏のストレートで、メータ読み最高速は、245〜250km/hまでは出せた言うことでした。

速度よりも、気になった問題は、リミッターカットキットON時での燃調の違い(狂い)でしたが 
何ら問題なくすこぶる調子よくパワーチェック出来たとご返答頂きました。
AFも何ら問題なく、変な脈打ちなども無く 
このリミッターカットを付けて走っても、走行には一切問題は無いとのご回答頂きました。
強いて言うと、メーターのシフトインジケーターが3速までしか表示しないのと、
4・5・6速の細かい燃調が外付けの燃調コントローラーで調整出来ないという点です。

燃調を弄るほど本格的にサーキットを走る方にはお勧め出来ませんが、
スイッチをOFFにしておけば普段乗り。スイッチをONにすれば、180km/hの速度リミッターを気にせずに
サーキット走行を楽しめるキットとしてお勧め出来ます。




※上記パーツ商品は、すべて発送はクリックポストでの発送となります。
送料は全国一律164円が別途必要となります。

KZ3−designヤフーショッピング店 にて 
リミッターカットキットを販売中です!

さらに、ご協力店として、神奈川県川崎市中原区に有る

”SBS中原店様” 
同じく川崎市高津区に有る
”セレクトガレージ様”にて

リミッターキャンセルのお取り寄せ販売や、取り付け作業などのお取り扱いをして居ただけます。


さらに、パワーチェックを行ってくれた 

「246溝ノ口2りんかん」様でも

KZ3−designsのリミッターカットキットの取り扱いをして頂けることになりました!
もちろん取り付けなども対応して頂けます!
※現在は 「246溝ノ口 2りんかん」 のみのご対応予定となっています。

※各ショップ様での、取り付けなどの対応には、
別途取り付け工賃などが必要となりますのでご了承ください。

取り扱うリミッターカットは
今回のGSX-S1000
・バンディット1200・バンディット1250・GSR750です。


当方への直接のお問い合わせは メールフォーム よりお願いします。

【最重要項目】

このスピードリミッターカットキットはあくまでも個人的に制作している物です。
ご理解頂いけているとは思いますが、基本的に一般公道での使用はおやめください。
メーカーのような保証などは一切受け付けられませんのでご理解、ご了承ください。
もちろん簡単に壊れるような物を作っているわけではありませんのでご安心ください。
しかし、このパーツを取り付けてのいかなる場合の不具合や事故に関してすべて一切の責任は受け付けません。
ご自身の責任と判断で取り付けてご使用してください。以上を踏まえてご検討をお願いします。
 
【保証について】

リミッターカットキットの動作保証は初期不良に限り、商品発送後から1ヶ月までとさせて頂きます。
保証内容は不良品パーツを新品パーツと交換するという形で対応いたします。

※下記事案に関して、いかなる場合でも保証対象外となりますのでご注意ください。
・商品発送1ヶ月以降に、動作不良の連絡をしてきた場合。
・不良品を1週間以内に返送出来ない(又は返送しない)場合。
・外的要因によるパーツの外傷(配線の断線含む)がある場合。
・パーツが分解されている場合。
・ボタンスイッチを変更した場合。

HOME